個人レッスンだからできる。ひとりひとりに寄り添ったピアノ指導。 音楽を通じて、ひとりひとりの人生がより豊かになるように。 それがたんぽぽピアノ教室の目標であり、願いです。

たんぽぽピアノ教室では、講師と生徒がマンツーマンでピアノレッスンを行います。だから、グループレッスンでは対応できない生徒さんおひとりおひとりの声にしっかり耳を傾け、全ての生徒さんにオリジナルのレッスンを行います。

たんぽぽピアノ教室からのお知らせ

2018年09月21日
やる気スイッチ♪

10人十色といわれたのが、今では一人十色。
特に小さいお子さんは一人一人、一瞬一瞬、違います。
「ピアノ弾こう!」と言っても「ちょっと待って〜」となかなか弾いてくれなかったり。
お母さんから「抱っこ〜」と離れず、レッスンを始められなかったり。
その時々、色々な方法で子供たちの「やる気スイッチ♪」を見つけて何とかレッスンの流れを作りますが、なかなか「やる気スイッチ」を見つけられない日もたまぁに、あるのです。
そんな日は、とっても落ち込みますが…。
本を読んだり、インターネットで調べたり、お母様との会話からいいパスをいただいたりして、引き出しを増やしています。
でも、いつまでたっても引き出しが足りない(笑)
「スイッチが入った!」と思っても「何が起きた?」と急にスイッチがOFFになる事も小さいうちは、あるのですよね。
音楽は楽しいもの、子供たちのやる気スイッチがONにならないのは、レッスンが楽しくないから。答えはとてもシンプルなんだと思います。
でもこの悩み、生徒さんたちがいてくれるからこその、幸せな悩みなんです。
しかもずーっと続く…。
少しずつ増えた引き出し。引き出しが増えた分、楽しみも増えて、次はどの引き出しが出番になるかしら?やる気スイッチ、すんなり入りますように♪

2018年07月24日
発表会の曲選び♫

私が子供の頃、発表会の曲は先生が決めて、それを当たり前のように弾いていました。
その中には、好きだなって思う曲やあんまり・・・って思う曲もありました。
私の生徒さんたちには、自分が弾いてみたいな、と思う曲を弾かせてあげたいと、候補の曲を渡す時に「これにしようと思うけどどうかな?」と聞いたり、複数ある時は弾いて聞かせて選んでもらっています。
そんな中、初めてのことが。
ある生徒さんに3曲ほど用意して聞いてもらうと、真剣な顔で「全部嫌だ。」と。
「えー。全部嫌だ?」すぐには理解出来ず、何回か聞き直し、やっと自分でその答えを受け入れると、「あっはっはー(笑)、全部嫌だ?そうか。じゃあ、また何か探そうね」と。
びっくりしたのと可笑しいのと。
曲選びを機会にその生徒さんの新しい一面を見ることが出来ました。
どんな曲を気にいるのかな。次が楽しみです♪

2018年05月09日
ピアノ発表会♫

発表会の日にちと会場が決まりました。
色々な会場を見て歩き、『こんな素敵なホールで弾かせてあげたい!』と思い今年の会場を決定しました。発表会は、自由参加ですが、とても雰囲気のいいホールなので、なるべく多くの人に参加してもらいたいというのが本音です。選曲も楽しみ♪一人一人の顔を思い浮かべ、好みや持ち味を考慮してどんな曲にしようかと考えていきます。
じっくりと曲を仕上げる事、広いホールで弾く事、人前で披露する事など発表会ならではの経験を通じて、きっと多くの事を学び成長してくれる事でしょう。改めて申し上げますが、発表会に出る事でピアノを嫌いになって欲しくはないのであくまでも自由参加です。負担になる方は、どうぞご心配なく。

2018年03月16日
魔法のレッスン♫

新しい年を迎えたと思ったら、家族がインフルエンザにかかりバタバタしているうちに外には梅の花が咲き、すっかり春めいてまいりました。
先日、久しぶりにピアノのレッスンを受けて来ました。一緒にレッスンを受けている先生の演奏が、みるみる素敵に変わるレッスンに『これが魔法のレッスンだ!』と涙腺が緩み、感動しました。
なかなか弾けない生徒さんに出会うと、教え方でもっと簡単に楽に弾けるようにしてあげられないかな〜。魔法のレッスンが出来ないかな〜と常々思っていました。 少し内容はちがいますが、曲がみるみる素敵に変わる魔法のようなレッスン!を目の当たりにしたのです。
でも、思いました。教え方も大切なのはもちろんですが、レッスンに魔法をかけるには、生徒さんもきちんと練習してある事が条件。きちんと練習してあるからこそ、先生の要求に応えられて魔法がかかる! ピアノの上達には、やはり練習が何より大切で、やっぱりそこか〜と改めて思いました。
これからも、当たり前ですがなかなか難しい練習の大切さを一生懸命生徒達に伝えていこう!と気付かせてもらったレッスンでした。

2017年12月15日
涙💧

早いもので今年もあとわずか。一年を振り返ると・・・笑顔のレッスンの影に涙を流した生徒達がいました。音楽は楽しいものですが、習うとなると楽しいばかりではいかない時もあります。
教室に来て涙を流した生徒達。涙の訳を聞くと「家では上手に弾けたのに合格💮にならなかった💧」家での練習が足りなくて上手に弾けず、涙を流す生徒に、「練習出来なかった訳が何かあったの?」と聞くと「練習するの、忘れちゃった💧」と。でも翌週は練習をしっかりとしてあり、とても上手に弾けました。練習をすれば弾けるようになる事を理解した様子。はにかんだ笑顔の中に自信も見えました。なかなか合格にならずに涙した生徒。あと一息でもっと良くなるな…と思いながら生徒に「今の演奏、どうかな?合格にする?」と尋ねると涙を流す事もなく、「まだ。もう一回やって来る!」と自分で合格を見送りました。どの涙も自分自身に向き合い、成長するための糧になったようです。
笑顔あり涙あり。来年も生徒達と一緒に成長していきたいと思います。入学を検討中の方、念のため申し上げますが決して鬼先生ではありませんのでご安心を。(笑)

2017年10月30日
刺激♪

街路樹も色づきはじめ、風の冷たさに秋を感じるこの頃。芸術の秋、恩師のピアノ演奏会に行って来ました。
年長さんから卒業生を含めて40人以上もの生徒さんが出演されました。小さなお子さんから大人の方まで、大事なポイントをしっかりおさえ聞きごたえのある演奏に、自分の生徒の姿も重ね「また、頑張って教えて行こう!」という刺激をいただきました。
大人の生徒さんの演奏には、その方の人生も背景に感じ目頭が熱くなったり、音楽って素晴らしい、ピアノっていいなとつくづく感じました。その素晴らしさを生徒達にも伝えて行きたい。
嬉しいとき、悲しい時、辛い時、幸せな時、ピアノが生徒達のそばにあるように。

2017年9月28日
合唱の伴奏♪

9月に入って「合唱の伴奏が弾けるようになりたい!」と、楽譜を持ってくる生徒が増えました。どれも小学生が弾くには難しそうな曲です。また、オーディションまでの日にちが少ない。自信が無く、心配そうな顔で来た生徒もレッスンが終わる頃には安心したのかとてもいい顔になっていました。
今回、選ばれなかった生徒もその事をバネに「ピアノが上手くなりたい!」とやる気満々。 とても頑張って練習して来ます。 次こそは、「伴奏をやりたい♪」という気持ちが叶うように、宿題の出し方やレッスン内容を少し変えてみようかと思案中。 一人一人の思いに応えられるにはどうしたらいいかな?あの子のあの部分を直すにはどうしたらいいかな?と考える事がとっても楽しい毎日です♬

2017年8月28日
夏休み♪

8月は、夏休みという事もあり月3回のレッスンです。色々と用事が多く、気忙しいお盆が終わりレッスン再開。久しぶりの顔と楽しいレッスンに疲れも忘れ、元気をたくさんもらいました!「あまり練習が出来なかった。」「お出かけした日は、練習が出来なかった。」といいながらも皆んなきちんと練習してあり、その事もとても嬉しかったです。
「夏休みの宿題は終わった?」の質問に「わかんな〜い。」と言う子。「あと自由研究だけ。」と言う子。学校が始まったら、生活のリズムに慣れるまでしばらくは大変だろうな。
いつも元気をもらってばかりですが、今度は私が皆んなを元気に出来るように。そんなレッスンを心がけて9月も頑張ります♬

2017年7月24日
名言:幾つになっても学ぶ事は楽しい♪

大人の生徒さんも教室に通ってくれています。
レッスンの前は「あ~、緊張する。上手く弾けるかな?」と心配そうですが、レッスンが始まると宿題だった曲を小さな声で歌いながら一生懸命弾いて、どんどん合格していきます。そしてレッスンの終わりに「学ぶ事は幾つになっても楽しいですね~」と。私もレッスンに通っていますが同感です。
次の課題曲は、「ダイアナ」。練習のポイントを説明すると、「左手が難しい・・・」と言いつつも「かっこいい曲ですね♪」と、とても前向きです。難しいという気持ちをぜひ「楽しみ」に変えてこれからもピアノライフを満喫して欲しいなと思います。

2017年6月22日
想像力と可能性♪

レッスン中、生徒の右側に立ち音符の並び方と鍵盤との関係を説明していると、顔の左側にジーッと生徒の視線を感じる様な。

そう思いながら説明を続けていると「先生、目が飛び出る時って口から出るのかな?」

とっさの質問に頭が「???」となりつつも「目が飛び出る時は、目から出るんじゃないかな?」と私。「目を引っ張り出したら痛いよね」「それは、痛いだろうね」どこがどうなっての質問なのか。

また、別の日の同じ生徒。

指の体操をしている時「この体操をして1の指の筋肉を動かそう。」などと話をしていると「この皮の下が筋肉?筋肉ってどうなっているのかな?」と・・・。

この間の質問といい、将来はお医者さんになるのかしら?

子供の想像力はとても楽しく、持っている可能性がどう花開くのか、楽しみで仕方がありません。

2017年5月16日
教室も教材も選べる時代です

私が子供の頃、家の近くにピアノ教室は一軒だけでした。
ピアノを習いたい人は迷わずその教室に通いました。
今は教室も沢山あり、習う人が教室を選ぶ事が出来ます。とてもいい事だなと思います。
小さいお子様の見学の際は、ピアノと関係ないのでは・・・と思われる様な事もまじえながら、集中力、理解力、手の発達具合などを見させていただいています。
見学が終わってから入学までは、教材選びがとても楽しい時間です。
バイエルが当たり前だった頃と違い今では様々な教材があり、教室と同じ様に習う人に合う教材を選べるようになりました。
その教材をどのように使うかが大切なのは言うまでもありませんが、小さいうちから、手の使い方、聴く力、歌心などを育てる新しい教材に出会うたびにワクワクします。
見学にいらした際は、教える事がつい楽しくてお母様への説明が不足する点もあるかと思います。そんな折には是非になんなりとご質問ください。
お問い合わせ、見学などお気軽にどうぞ♪

2017年4月5日
出会いの季節♪ 4月は出会いの季節です

ピアノの先生になりたいと保育園生の時に夢を見て、今現在、教室に通ってくれる生徒さんに出会えたお陰で、その夢を叶える事が出来ました。本当に有難い事です。
みんなにピアノが好きになってもらいたい。
仕事をしながら、練習する時間を捻出し、自己投資をして習いに来てくれる大人の生徒さんの思いに応えたい。
私自身も毎月レッスンに通い、その度に感動と気付きがあり、「ピアノは奥が深い」「ピアノに出会えて良かった」と思います。
これから先もどんな方達と出会えるか楽しみでもあり、ピアノを習って良かったと思ってもらえるように精進していきたい。
出会えて良かったと思ってもらえる教室、指導者でありたいと改めて思います。

2017年3月16日
『練習出来なかった=弾けない=レッスンに行きたくない。 』この悪循環について。

レッスンの日、お母様が開けた玄関ドアに隠れなかなか入って来ない生徒。
顔も浮かない様子。『練習出来た?』の質問に目を合わさず首を横にふる。納得。
教室に入り、「先生がノートの宿題を見ている間、ピアノを練習してみて」と練習の時間を与えその後レッスンに。
「凄い綺麗な音だね~」「とってもいい指の形だよ」とレッスンを進めるうちに生徒の目がキラキラ輝いてくる。
翌週には、なんと宿題にしてない曲まで練習をしてきて、一回で合格‼
3月は、月3回のレッスンなので「来週はピアノお休みだからね」と伝えると「え~、なんで?来たい。」と嬉しい一言。
『練習をする=ピアノが弾けるようになる=ピアノが好き♪』になってくれますように。

2017年2月10日
レッスンのひとこま『感動♫』

1月から教室に通っている男の子。レッスンには、お母様と弟さんが一緒に来ています。
タン タン タン ウンのリズム練習の時、弟さんも一緒にやりたい!とカスタネット、トライアングルをそれぞれ持ってピアノの伴奏に合わせて演奏しました。
楽しそうに叩いていましたが、途中「綺麗な音で〜」と声をかけると2人とも途端に真剣な顔になり、ピアノの音と自分の叩く音を耳を近づけて聞きながら一生懸命綺麗な音を出そうと演奏していました。
その真剣な顔付きと、素直さに伴奏をしながら『感動♫』してしまいました。

2月からも新しい生徒さんが、通ってくれる事になりました。
お問い合わせ、見学などどうぞお気軽にご連絡下さい。

2017年1月11日
新年あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
1月から小学一年生の男の子が、教室に通ってくれる事になりました。見学に来られ、一通り説明が終わった後、お母様が「楽しかった?」と男の子に聞いたところ「まあまあかな・・・」との返事。
子供の素直な感想か、男の子の優しさか。
どちらにしても、レッスンが始まったら「楽しかった‼」と思って貰える様に、今から準備をしています。また、そういう時間が私にとってとても楽しい時間でもあります。
全ての生徒さんに「楽しかった‼」と思って貰えるレッスンが出来るように、今年はその為の時間をより多く作る『楽しい』一年にしたいと思います。
ピアノに興味のある方、お問い合わせの上、是非見学にいらして下さい。

2016年12月21日
2016年もあとわずかとなりました。

早いもので、2016年もあとわずか。
皆様にとって今年はどんな一年でしたでしょうか?
私は、一度でいいから登ってみたいと思っていた富士山に、今年、登ることが出来ました。高山病にかかったらどうしようとか、体力は大丈夫かなど心配ばかりして、なかなか実現させる事が出来ませんでした。しかしいざ登ってみると『もっと早く登れば良かった』と思います。それから、違う山に登ったり休日の楽しみ方が増えました。
ピアノを習いたいと思っているけれど始められない方、子供に習わせたいと思いながら、そのうちにと思っている方、是非来年は始めてみてはいかがでしょう。もっと早く始めれば良かったと思うかもしれません。楽しい世界が広がるかもしれません。

今年一年を振り返り、皆様の『やりたい事』が来年こそは実現します様に。

大人のピアノコースご希望の方は、レッスン回数などご相談に応じます。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。



2016年11月22日
秋の続き・・・
秋といえばもう一つ、読書の秋。そこで・・・
『アドラー心理学で子どものやる気を引き出す本』を読んでみました。
私自身が保育園の時にタンバリンを褒められた事がきっかけで、音楽の道に進むことを決めたこともあり、「褒める事」が与える影響の大きさを実感していました。
ただし、「褒め方」がさらに大切で、伸びる褒め方とそれ以上伸びない褒め方があるという事をこの本で知りました。その他にも「自信」の育て方、「やる気」の育て方などとても分かりやすく書かれています。
小さいお子様をお持ちの方にも参考にしていただける本だと思いましたのでご紹介致します。
伸ばし方については様々ありますが、良いところはドンドン取り入れて、自分の引き出しに加えていきたいと思いました。

2016年10月3日
スポーツの秋、芸術の秋♪ 食欲の秋?
子供達にとっては、運動会・学園祭の季節。
一生懸命練習をしている姿があちらこちらで見られます。
暑かったり、雨が続いて思うように練習出来なかったり、練習したくないな〜と思う日もありますね。でもそこを乗り越えて頑張った成果はきっと本番で発揮されることと思います。スポーツもピアノも毎日の練習が必要です。
「今日は弾く気になれないな…」と思う日もあります。でも、そこを乗り越えて練習を続けると弾けなかった曲が弾けるようになって、ピアノが楽しくなります♬


芸術の秋♪ ピアノを始めてみませんか?
頑張った後には食欲の秋🍡
レッスンについてのお問い合わせどうぞお気軽にお寄せ下さい。

2016年9月1日
ホームページ新規オープン!

たんぽぽピアノ教室のホームページがオープンしました。

お子様から大人の方まで、ひとりひとりに合わせた個人レッスンを行います。

これからもあらゆる方に音楽の楽しさを知っていただけるよう努力してゆきますので、

よろしくお願い申し上げます。

■住所

〒400‐0335
山梨県南アルプス市加賀美

若草中学校近くのピアノ教室です。
詳細はお問い合わせください。

■電話番号 055‐215‐6137

駐車スペースもございますので、遠くからでも車で

通っていただくことができます。

お子様の送り迎えなどもご安心ください。

PAGE TOP ▲